指揮者小山貴之のプロフィールです

小山貴之 プロフィール
ホーム プロフィール ダウンロード お問い合わせ・出演依頼

小山貴之(こやま たかし)

指揮者兼ヴィオラ奏者。
現在、読売日本交響楽団ヴィオラ奏者。

京都市立芸術大学卒業。ヴァイオリンを岩淵龍太郎、岸辺百々雄、辻井淳、(故)阿部靖、(故)ゲルハルト・ボッセの各氏に師事。
大学在学中よりテレマン室内管弦楽団に在籍し、演奏活動を行う。1985年には旧東ドイツ演奏旅行に参加し、ライプチヒ・ニコライ教会におけるバッハ生誕300年記念公演に出演。

卒業後ヴィオラに転向し、読売日本交響楽団に入団。2002、2004年度には首席代行を務めた。

ヴィオラを、永籐照夫、(故)ゲルハルト・ボッセ、(故)トーマス・カクシュカの各氏に師事。
室内楽をアルバン・ベルク弦楽四重奏団、バルトーク弦楽四重奏団に師事。

小山貴之 プロフィールオーケストラ活動の他、1992年読売日本交響楽団員による「ラーク弦楽四重奏団」を結成し、活動を主宰。
「リュミエール弦楽四重奏団」の公演にも度々出演し、室内楽の活動にも意欲を見せる。

独奏においても積極的に取り組み、第3回JILA音楽コンクール弦楽部門入選。

都内はもとより、長野、茨城、青梅など各地でリサイタルを行っている。
2001年、NHK FMリサイタルに出演。1999年には東京文化会館における現代音楽演奏会において、無伴奏ヴィオラ曲の邦人作品を演奏した。

近年は指揮者としての活動も目覚ましく、大学管弦楽団の指揮・指導を行うほか、定期的に読売日本交響楽団メンバーによるオーケストラでも指揮をしている。
指揮法をドイツの巨匠、クルト・レーデル氏に師事。

これまでに、上野浅草フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会、東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団定期演奏会、関東医科学生オーケストラフェスティバルなどに客演。
現在、北九州シンフォニー合唱団&オーケストラ常任指揮者。


コンテンツ
小山貴之公式WEBサイト:http://www.koyama-takashi.com/
サイト管理:有限会社クライス(音楽事務所):http://www.kreis.co.jp/
Copyright(C) 2010 KOYAMA-TAKASHI.COM All right reserved. 【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。】